本校について校長挨拶・沿革

校長挨拶

動物に触れ、動物から教えられる命の温かさ

私は器用じゃないけれどトリマーになれるの? 基礎知識がないけど動物に携わる仕事に就けるの?そうした声を入学前の学生から聞くことがあります。でも、本校を希望する皆さんは、動物が大好きで動物の命を大切に思っているはずです。

生き物を愛することは命を愛することであり、動物が好きということは命を大事にすることです。ただ、命と向き合っていくためには、十分な知識と技術を持って命を守る責任を果たさなければなりません。

本校のカリキュラムは、多彩な体験実習を通じて動物を広く深く学び、真のプロフェッショナルを育成します。テキストを読んで黒板を書き写す座学だけでは習得できない社会で役立つ実践的な知識と技術を身に付けることが目標です。授業の中で皆さんは、たくさんの動物に触れ、温もりを感じ、一頭一頭から命の温かさを教えられることでしょう。

動物が好き。その気持ちが何よりも大切です。好きという気持ちがあれば、2年間のカリキュラムで大いに勉強し、動物に関わる立派な専門家になれます。動物の命を通して豊かな感性と心を育み、社会に貢献できる人として成長してほしいと願っています。

校長 柚木 芳雄 獣医師
元群馬県畜産試験場長
元群馬県家畜衛生研究所長

教育目標

疾病動物の医療介助や看護のみならず、臨床検査、病院実務、動物の保健飼養管理、ヒューマン・アニマル・ボンド(Human Animal Bond:人と動物の絆)、公衆衛生など広く動物の保健・医療・飼養管理や、人と動物の関わりなどの理解と問題解決に必要な知識・技術を総合的に学び、人と動物が好ましい関係を保ちながら共生できる社会づくりに活躍できる技術者(Veterinary Technician:VT)の養成を目標としています。

教育方針

豊かで温かい人間性を養うとともに、自発的に時代のニーズに応じて専門職としての資質を不断に高め、直面した問題の内容を正しく見極めて、的確に問題解決に当たれる柔軟な思考力と豊かな経験、確かな知識・技術と応用能力を持った動物看護師などの専門家を養成できるよう、特に建学の精神である体験実習重視の方針の下に教育を行います。

沿革

平成元年4月
日本ペットビジネス学院 開校(北関東初の動物専門教育機関)
平成2年9月
世界の名犬牧場 開設
平成3年4月
農林水産省認可 社団法人JKC公認「群馬東モダンオールブリードクラブ」設立
平成9年4月
日本ペットビジネス学院の新前橋校を開校 移転
平成11年11月
厚生労働省認可 社団法人日本動物病院福祉協会指定校 取得
平成12年3月
環境省認可 社団法人日本愛玩動物協会認定校 取得
平成12年4月
群馬動物総合学院へと名称変更(動物に関する総合的な教育環境を創造することを目的に、従来の全科目を含む動物総合学科を新設し、動物看護師を養成するカリキュラムを導入)
平成16年3月
世界の名犬牧場リニューアルオープン
平成18年3月
学校法人HAC国際学園 設立
平成18年3月
群馬動物専門学校 設置
平成21年4月
農林水産省認可 社団法人ジャパンケネルクラブ認定校 取得
平成23年4月
ICC (インターナショナルキャット クラブ)認定校 取得
平成27年2月
文部科学省認可 職業実践専門課程認定校 取得
平成27年10月
厚生労働省認可 教育訓練給付制度 専門実践教育訓練認定校 取得